うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションは持ち家のある方におすすめです。

2016年06月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を建てた方の場合、その家は賃貸で借りているのではなく持ち家で所有者はご自身にあるということになります。しかし、家を建てた後に転勤が突如として決まってしまうこともあります。そうなると、賃貸であるならばすぐさま今の住居を退去して転勤先の近くで家探しをしたり、手続きをすれば良いです。しかし、持ち家の場合、賃貸と違って簡単に手放すことはできません。もし、退去してしまうとなるとそれは持ち家の所有の権利も手放してしまうということになります。

しかしたとえ所有者でなくなったとしても、ローンで持ち家のお金を支払っている場合、ローンが消えるということはありません。持ち家がなくなったとしても残りの分のローンは免除されるということはありませんので、手放しても借金だけが残ってしまうということになります。実は、持ち家を手放さなくても済む方法があります。それは、リロケーションという方法を使うということです。リロケーションを使うと他の方に持ち家を貸すことができます。

持ち家を貸しているのは、転勤している間という約束を取り付けておけば、転勤先から戻った後はその持ち家は返してもらうことができるので再び住むことが可能となります。持ち家を持っている方は活用されてみると良いといえます。