うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションにおける注意点

2016年06月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の賃貸住宅の契約に関する法律が改訂され、リロケーションというかたちの賃貸契約が可能となりました。リロケーションとは、一時的な転勤などで留守となった家を期間限定を条件に賃貸することです。こういった物件の場合、普通の賃貸物件に比べて家賃の相場が安い場合がおおいです。また一般的に賃貸物件は2年ごとに更新料が発生しますが、これらの物件においては契約期間中における更新料が発生しないというメリットがあります。

その一方で、リロケーション物件にはいくつかの注意点があります。期間限定の賃貸契約を結ぶため、契約期間がきたら更新をすることができなき場合が多いです。そのため、いくら家賃が安いからといっても引っ越しにかかる費用なども十分に考慮しておかなければ、思っていた以上に出費がかさんでしまうということがあります。また200平米未満の物件に関しては、やむを得ないケースを除いて原則として途中解約ができないので注意が必要です。

そして留守宅であるため契約期間が終われば貸し主がその家に帰ってくる場合が多いため、入居条件が厳しめのことがあります。ペット禁止、喫煙不可といった条件や、近隣に迷惑をかけないかなどチェックされることがあります。しっかりと注意をしながら利用方法を考えれば、とても魅力的な制度といえます。