うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションのメリットと注意点

2016年05月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤や、その他の事情などで所有している家が一定期間空き家になる場合に、その家を他人に貸して家賃をとるという形式の賃貸方法のことを言います。昔は、一定期間が過ぎた後に、借主が退居を拒むケースも少なくありませんでした。そのため、空き家を貸すことに躊躇する人も多くいました。しかし、現在では法律が改正され、契約時に期間を限定することが可能となったため、リロケーション物件は増える傾向にあります。

リロケーションをすることで家主が得られるメリットとしては、家賃収入を得られるという点です。また、誰かに住んでもらうことによって、家の風通しなどもよくなり、自分でわざわざ家の手入れをするために帰ってくる必要もなくなります。借主のメリットとしては、家主が居住するための家であるため、質のよい家が多いということがあります。また、契約の期間中に、更新料などの費用はありません。そして、同じランクの賃貸物件と比較した時に、家賃が安い傾向にあります。

注意する点としては、家主は、契約期間中は、自分たちが住むことはできなくなるということを理解する必要があります。借主は、契約期間が終了した時には、更新できない可能性があるということを知っておく必要があります。これらの理解した上で契約を結ぶようにします。