うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションは税金が掛かります

2016年04月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、自分の家を貸し出しますので、当然家賃としての金額を頂くわけですので、個人の収入として、税金は掛かります。ただし、ローンなどが残っている場合は、計算の仕方が違いますので、税金をあまり払わなくても良い場合があります。ご自分の収入プラスリロケーションの収入で計算されます。ご自分の企業などで、借り上げ社宅などの項目で使用して貰っている場合は、各企業によってどのような取り扱いをしているかによっても違ってきます。

企業の借り上げ社宅などで使用する場合は、企業との契約などがありますので、その契約内容によっても違ってきます。転勤などで住んでいる自宅をリロケーションする場合、ご自分の自宅と、転勤先での住居の家賃との交換条件などの契約もありますし、直接ご自分の企業では無く、他の不動産企業などと契約する場合があります。

その場合は、家賃として頂くのか、転勤先の住まいとの等価交換になるのかなどによっても違ってきますので、それらの契約がどのようになっているかにより、税金の支払いも違ってきます。毎年3月の確定申告の時に解らない方は、税務署に行くと教えてくれますので、聞きに行くと良いと思います。いずれにせよ、なんだかの形でリロケーションにより、ご自分の収入になるのでしたら税金は支払わなくてはなりません。