うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションで書類を届出する際の注意

2016年04月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤するのはいいけれど、家はどうしようと悩んでいるのではないでしょうか。さすがに転勤先に家を持っていくことはできません。でも、誰も住まなくなった家は傷んでいくモノです。だからこそ、リロケーションを利用するわけです。自分の代わりに誰かに住んでもらうわけです。ただ、住んでもらうわけではありません。賃貸ですからきちんと家賃はもらいます。とはいうものの、ここで賃貸経営となると役所に書類を届出する必要があります。

それだけではありません。何故なら、家を貸しだす相手ともきちんと契約書類をかわしておかないと後にトラブルが生ずるかもしれません。要するに口約束ではいけないということです。それにいつかは転勤先から帰ることを考えているのならなおさら、書類は作っておくべきでしょう。ここで問題になるのが、その書類の作成です。沢山、あって個人ではなかなか、大変ではないでしょうか。だからこそ、最近ではリロケーションを専門の会社が増えてきているわけです。

書類によってはリロケーション会社が代行してくれる場合があるので問い合わせてみることが必要です。ただ、何もかも会社任せにするわけにはいきません。でも、よく分からなかったら会社に相談してみるといいでしょう。彼らはプロなので分かりやすく説明してくれます。