うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーション物件を借りる際の選び方

2016年03月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤や海外赴任によって家の持ち主が一定期間自宅を離れる場合に、その自宅を第三者に賃貸物件として貸し出すことです。通常の賃貸物件と違うところは、賃貸の期間が転勤や海外赴任の間だけと決められており、多くの場合更新をしないようです。そのため家賃は相場より安くなっていることが多いです。一戸建てや分譲マンションなどに安く済むことができればお得ですよね。リロケーション物件の選び方では気をつけたいことがいくつかあります。

まず何よりしっかり確認しなければならないことは、賃貸契約の期間です。いつまで借りることができるのか、その先はどうするのかをある程度余裕を持って計画する必要がありますよね。次に細かい生活の条件などがあれば、それも確認しなければなりません。将来は家の持ち主が帰ってくるのですから、きれいに家を使いたいですよね。場合によっては、喫煙・ペットはだめですという場合もあるようです。事前によく確認しておかなければなりませんね。

自分が将来家を持ちたいと考えている地域でリロケーション物件を探してみるのもおすすめです。実際に住んでみてわかることがたくさんあると思います。周囲の環境など、じっくり理解したうえで自宅を構えることができれば安心です。