うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションは短期でも行える

2016年03月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションは短期の契約も可能となっています。貸し出す人がそういう設定をすることがあります。海外出張などで、数年間の間に帰ってくるという設定もあるので、こういう貸方もでてきます。それにそこを借りる人も期間限定で借りるという契約をする人もいます。お互いの利害が一致したらならこの短い期間でも契約というのは成立していきます。基本は長い期間の貸出にはなってきます。この長い期間の間に、一人の人への貸出だけではなくなってきます。

借りている人の状況があまりよくない場合には、そこで変更というのもでてきます。なので、借りている人も長くを希望しても、短期になってしまう事もあります。賃貸の最初の条件というのをきちんと押さえておく必要というのはでてきます。短い期間での利益になるのかどうかというのも試算しておく必要はあります。貸し出すにあたって、家を綺麗にするという作業もついてきます。ここも費用はかかってきます。その分の元がとれるかです。

そういう初期の費用が回収される位の期間というのは借りてもらうほうがいいですね。その期間が貸し出すほうにもあっているのであれば、これはやってもいいです。初期の費用が回収されるかどうかというのがポイントです。