うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションとその比較。

2015年09月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションというものが近年注目されています。これだけを聞くと何のことかと疑問を持つ人もいると考えられます。簡単にいえば自分の家を貸すことを指しています。というのも転勤などでどうしても家を離れないといけない場合、苦渋の選択をしなければなりません。これは住宅ローンが残っている、売りたくない、こういった考えになるのは当然です。戻れる時期が来れば自宅に帰り生活したい場合であれば、このリロケーションが魅力的です。

住まない間、賃貸のように貸すことができます。こういったことが広く知られるようになって、まだ日が浅いのも事実ですが、ここ数年で広く普及してきました。自宅を人に貸して、戻ってきた時にまた生活できるということで、防犯対策になりますし、住宅ローンがまだまだ残っている人であれば足しにもなります。基本的に一般の賃貸と違い、貸しても期間がくれば、借りた側から返してもらえることになります。近年の法律制定で安心して貸せることになりました。

今では人気の高まりから、こういったことを管理する業務が増えています。そのため専門業者を比較する必要があります。ほとんどの場合、全てをお願いできることから、家賃滞納など、万一トラブルが起こったとしても全て対応してもらえます、転勤中の貸主はそういった心配をすることなく仕事に集中できます。貸す相手の身元はもちろんはっきりしていると同時に、明け渡しの交渉が上手くいかないということもありません。