うれし〜の留守宅管理BLOG

広がるリロケーションサービス

2016年03月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションサービスとは、転勤などで一時的または長期にわたって物件を空ける際に、賃貸物件として管理するサービスです。これにより、オーナーは物件を空けている間に物件を賃貸収入を得る事ができます。リロケーションサービスの管理会社は契約の締結から物件の管理運営までを、オーナーの代理として引き受けます。かつては法人契約による同様のサービスはありましたが、一時的な賃貸という形がなかなか浸透しませんでした。その後1992年の借地借家法の改正により、留守宅が賃貸市場に出回るようになり一般化されました。

このサービスのメリットとしては、一時的な転勤などで家を空けても、契約期間が終わればまた住み慣れた家に戻れると言う点です。契約期間中は収入にもなりますし、人が入る事によってメンテナンス、防犯の効果も期待できます。売却して新たに購入となると大変な手間と負担がかかりますが、リロケーションサービスを利用すればスムーズに元に戻る事ができます。逆に借り手としても賃貸用の物件ではなく、注文住宅や分譲住宅に割安の家賃で入居できるというメリットがあります。

賃貸経営の経験がない方には、手続きなど煩雑に感じられる事もありますが、トラブル対応などの難しい部分は全て専門業者が代行してくれます。現在ではリロケーションを専門にする業者もあり、これからの新しい賃貸市場のあり方として注目を集めています。