うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションでのハウスクリーニング

2016年02月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションで行うハウスクリーニングは、最初の契約の時に必須になってきます。今の現状の部屋をきれいにするには、プロの人にお願いして、すみずみまできれいにする必要がでてきます。自分ですべて行うのではなくて、企業に仲介に入ってもらって、このシステムをすることが多いです。その企業の査定というのもあるのですが、クロスの張り替えなども必要と言われると行うこともあります。きれいな状態でも、張り替えになることもあります。

あくまでも契約する企業との間のことです。そこでいい状態であっても、そこは企業の判断で修理ということもあります。契約する企業がどう判断するかですね。そして、査定の時の評価もそこで決まってきます。査定に入る前に事前にきれいにしておくというのも、査定ポイントがあがって、言い賃貸の料金がついたりします。なので、どこのへんまでをきれいにしておくかというのもポイントです。新品同様に引き渡すのかどうかというところです。

借りた人がどういう借り方をしていたのかというのがよくわかるように、綺麗な状態で引き渡すほうがいいです。そこから修繕などが発生した場合には使っている人負担になってきます。定期検査というものが入る業者を選んでおくと綺麗さが保っていけます。