うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションという貸し方が増えています

2015年10月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人に家を貸すとなれば賃貸という方法がありますが、できるならば信用できる人だけ貸したいならばリロケーションという方法をとるとよいです。従来の貸し方の大きな違いは、入居の基準をきつくできます。入居条件を厳しくすることにより、周りに迷惑をかけない人に貸すことができます。問題を起こす人がいたとしても、再契約しなければいいだけですので、信用できる人のみに貸すことができます。リロケーションは期間限定で貸す方法ですので、単身赴任などしばらく家から離れる人などが利用しやすいといえます。期間限定ですので、家賃を安く設定するところが多いです。つまり、借りる側にとっても家賃が安いというメリットがあるので短期間だけ利用する人にとっては便利といえます。多くのリロケーションは更新しないので、初めて人に家を貸すならばやってみるとよいです。

現在は仕事が多様化しており、せっかく住宅を購入しても別の場所で仕事をしなければいけないといったこともあります。利用しない住宅ならばリロケーションを試してみるとよいです。住宅を購入したのであれば、ローンがあるはずです。ローン返済を効率的に進める手段としてもリロケーションは使えます。人に貸すということは、それだけで家賃収入があります。家賃は相場を見てやや安めにしておけば需要があるので、利用する人がいないということになる可能性は低いといえます。一戸建てだけではなく、所有するマンションなど集合住宅であったとしてもリロケーションはできるので、有効に活用するとよいです。物件によっても対応の仕方が変わってきますので、業者をきちんと選ぶことから始めるとよいです。様々な業者が現在ありますので、いろいろ相談してみてから決めるとよいです。

業者に相談する際は、いつ家を空けるのか、どの程度の期間貸すことができるのか、できる限り具体的に伝えておくとよいです。リロケーションとはいえ、すぐに入居者がやってくるわけではありません。分かっている業者であれば、どのタイミングで家をあければいいのかなど細かいところまで説明してくれます。リロケーションを利用する人は、なるべく早い住むことを希望しているケースが多いので入居者が決まる前に部屋をあけておくとよいです。家賃など決めておいたほうがいいことは、できるだけ早く決めてしまうとよいです。遅くなればなるほど、入居者がくるタイミングが遅くなってしまいます。様々な媒体で宣伝する方法など、業者と相談して希望に近いものになっているか確認しておくとよいです。