うれし〜の留守宅管理BLOG

普通借家契約とリロケーション契約との違い

2016年12月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な賃貸契約の普通借家契約とリロケーションと言われる定期借家契約では契約満了時に違いがあり、普通借家契約は正当な理由がない限り家主であるオーナーから更新の拒絶ができませんが定期借家契約の場合には期間が定めているので契約満了の時に更新をする事なく契約が終了になります。定期借家契約はリロケーションとも言われており専門でリロケーションの業務を取り扱っている不動産会社もあります。家主として家を貸し出したいが、将来的には貸し出した家に住みたいと考えている場合には、専門の不動産会社に相談してみた方がよいです。

リロケーション物件は、期間を定めて契約をするため契約をする借主にとっても期間限定の家になるので賃料が周辺相場よりも安くなる場合があります。借りるときには、契約内容の確認と家賃の相談を不動産会社と密にしてから契約を行います。リロケーション物件の契約期間は1年未満でも可能で上限では無制限にする事も可能です。公正証書などの書面での契約を行い、更新がない事、期間の満了によって終了する事契約書とは別に書面を交付する必要があります。

中途解約は、床面積が200?未満の居住用の建物で、どうしてもというやむを得ない理由で生活をする事が困難な場合の借家にすむ住人からは特約がない場合でも法律にしたがって中途で解約ができますし、特約が定めてある場合にはその特約に従って中途で契約を解約する事ができます。