うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションを業者の方に頼む場合は管理費が必要

2015年11月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近々、現在住んでいる家を一時的に離れる予定の方も中にはいらっしゃいます。その予定の方の中には、リロケーションで人に貸すことを考えられている方もいらっしゃるかもしれません。しかし、初めて貸す方の中にはどういった貸し方をすれば良いのか、どういう手続きを踏めば良いのか分からない場合もあります。そういった方の場合、リロケーションを専門としている業者の方に頼むといった方法が挙げられます。業者の方に頼むことによって煩わしい手続きをする必要がありません。

収入が入ると税金がかかり、その計算などもしなければなりませんが、業者の方に頼む場合は勿論、税金関連に関しても手続きを代行してもらうこともできます。しかし、税金関連の手続きも代行してもらえたり、ご自身はリロケーションに関して煩わしい手続きをする必要性がなかったりするということは、その分その専門の業者の方に負担がかかるということになります。業者の方はあくまで仕事で請け負っているのでそれは気にしなくてもよいのですが、仕事で請け負っているということはボランティアで行っている訳ではありません。

手続きを代行した見返りとして管理費及び手数料を払う必要が出てきます。どれくらいの料金を払うかはそのリロケーションの物件によっても異なってはきますが、大体の目安として家賃の10パーセントから15パーセントのお金が設定されていることが多くなっています。