うれし〜の留守宅管理BLOG

貸す場合や確定申告事情まで今のリロケーション事情

2015年11月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の転勤事情によって、リロケーション事情も変わってきています。リロケーションとは、転勤などで住むことが難しくなった自宅を他人に一時的に貸すことですが、そこには難しい問題があります。貸す場合は、ローンの審査が変わってきてしまうこともあり、お国のローンではまず貸すことができません。なぜならば、住宅用としてローンを組ませてもらっているからです。どうしても貸す場合は、ローンの借り換えを行わないといけないことになります。

しかしながら、お国のローンではないと比較的、自分の住宅を賃貸として貸すことが可能になってきています。そしてもう一つ問題となってくるのは、確定申告事情です。自宅を賃貸しているので、当然のことながら、確定申告は貸した主に請求がいきます。貸したからといって全てが借りた主にいくわけではないのは、リロケーション事情として知っておくべきことの一つなのではないでしょうか。あくまで、賃貸として貸すだけであって、全ての責任においては、貸した主にあるからです。

本来は自分の家なので、自分がずっと住むことができればいいのですが、会社の都合となるとそうはいかないのが世の中というわけです。空き家にしているよりも、リロケーションで必要としている方に貸してあげるのも、近年のスタイルなのかもしれません。