うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションで定期借家制度が得策になる理由

2016年01月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸契約の方法として存在する定期借家制度は、リロケーションを行う場合では最も優れた賃貸契約になります。

リロケーションは海外への長期赴任など、自宅を長期に渡り留守にする間、賃貸物件として留守宅を提供する賃貸のことです。

多くの場合では、それらの長期赴任の任期を完了して戻って来た際は、また元の自宅に住むことが一般的です。

従いましてそのタイミングに合わせて、入居者には確実に退居してもらうことが必須になります。

そこで定期借家制度の特性が活かされることになります。

この制度では、賃貸で一般的に導入されている2年毎の更新制度が存在しませんので、賃貸契約で締結した契約期間の期日をもって、契約自体が完了します。

これにより、入居者が物件を気に入り、まだ住み続けたいと願いましても、賃貸契約その物が消えていますので、退去することが義務になります。

例えば2年毎の更新制度が存在する賃貸契約の場合では、入居者の意思が大きく尊重される為こうはなりませんから、同じ賃貸契約でも全く違う特性があります。

そのため、もしも長期の海外赴任などでリロケーションをお考えの際は、定期借家制度を活用した賃貸契約を行うことが得策になります。