うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの管理委託料の情報収集はネットで

2016年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所有する不動産を転勤の期間中だけ貸し出すリロケーションは、家賃が得られるという大きな魅力があります。

しかし賃貸契約やその後の対応など、面倒な場合も多々あります。

その場合では管理会社に管理委託料を払って、それらを代行してもらうことが最適です。

管理委託料は各管理会社で違いますが、今ではネットを使うことで、複数の管理会社に一括でその料金の見積りを依頼したり、資料請求ができるようになっています。

そのような管理サービス会社の比較サイトを使いますと、管理委託料をはじめ、賃貸として提供する不動産の家賃の査定なども行える場合があります。

また、リロケーションを実際に行う場合、管理委託料を払うことで管理会社が代行してくれる主な内容は、入居者を募ることやその入居希望者の審査、そして契約手続きの代行や家賃の管理など、色々引き受けてくれます。

さらにクレームへの対処や家賃の滞納が発生した時の対応まで、基本的に殆どの業務をカバーしてくれますから、とても頼りになる存在です。

一方、リロケーションは入居者が住み続けることで、風通しなどが適切に行われるため、留守で閉めきりによる不動産の傷みを抑える効果も期待できます。

その点でも意義がありますから、管理会社に委託して、快適なリロケーションを行うことが得策です。