うれし〜の留守宅管理BLOG

税金のこともちゃんとしなければいけません

2016年01月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションを利用して自分の家を賃貸に貸し出すと家賃収入が入ってきます。

この家賃収入にも税金がかかることを忘れてはいけません。

賃料収入は不動産所得として確定申告をしなければいけない決まりになっています。

不動産所得とは、毎年1月1日から12月31日までの総収入から必要経費を差し引いた金額のことを言います。総収入の中には家賃や礼金や駐車場料金などが含まれています。

必要経費は固定資産税や損害保険料、建物の減価償却費やハウスクリーニングなどの修繕費、そしてマンションの管理費やリ管理会社への管理料などが当てはまります。

海外へ転勤してリロケーションサービスを利用しているなら、管理会社の納税管理人代行サービスを利用するといいでしょう。
これを利用すると管理会社が所得税の納税管理人になります。

申告手続きを代行してくれるので海外で仕事をしていても家の税金のことは全てお任せすることができます。

仕事に集中することができますし、煩わしい手続きも必要ないのでとても助かります。
自分で税に関する手続きをするのは慣れていない人も多いでしょう。慣れていないと色々なことに負担を感じるでしょうから、このサービスを利用するととてもいいでしょう。