うれし〜の留守宅管理BLOG

入居審査で重要視される保証人の状況

2016年01月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人々が何かを借りるとなると、審査が行われるケースが大変多いです。

金融会社からお金を借りる時にも、必ずと言って良いほどそれが行われる事になります。

そして金融会社から特に問題無いと判断された時には、借りられる事になります。

そして賃貸物件でも、同じ手続きが行われる事になります。

物件に住みたいと言う旨を申し出て契約手続きにすすむ前に、まずは所定の会社による審査が行われる訳です。

いわゆる入居審査が実施される事になります。

その際の審査の基準としては、保証人に関する状況が確認されるケースが一般的です。

大抵の物件では、保証人の安定収入などが大きなポイントになってきます。

その優先順位はかなり高く、入居希望者よりも保証人の状況を重視される事が多いです。

入居希望者に安定した所得が無くても、保証人の所得が見込まれる時には、たいていは物件に居住できる傾向があります。

万が一入居希望者に問題が発生した時でも、保証人が立て替えをしてくれるからです。

ちなみに不動産の物件によっては、保証人の収入を証明する為の書面が求められる事もあります。

いわゆる給料明細などを不動産の会社に提出するケースも珍しくないので、物件に入居する事を検討しているならば、事前に保証人の候補者に声をかけておくべきでしょう。