うれし〜の留守宅管理BLOG

海外出張時は自宅をリロケーション

2015年12月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事で海外出張になった場合、ご自宅が持ち家だったら、リロケーションをしてみましょう。

出張にご自宅を希望する人に貸して、賃貸収入を得ることができたら、家計にプラスになります。

ご自宅のローンを支払中だったら、自分が住んでいない間人に貸すことによって、ローンのお金に家賃をあてることができるメリットがあります。

海外出張中にリロケーションをした場合、借り手が見つからないこともあります。

その場合は賃貸収入があってもなくても、一定の収入を支払ってくれる仲介業者に頼むが良い方法です。

リロケーションをするときはいろいろな準備が必要になります。

例えば、借りる人が気持ちよく住めるように家の中をきれいな状態にしなければなりません。

時間が無かったり、そのような準備をするのが面倒だったら、専門の業者に一切を任せるという方法もあります。

業者に任せたら、自分自身は持ち家を貸家にするための準備をする必要はありません。

もちろん準備のために料金が発生しますが、それは後から入ってくる家賃で補うことができます。

一切を引き受けてくれる会社だったら、家賃の未納の解消や退去時の手続きといったわずらわしい手続きも、その会社があなたのかわりに行ってくれます。