うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの基礎知識について

2015年12月29日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションという言葉を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

一昔前はあり得なかった方法ですが、単身赴任や海外に出張など一定期間家をあける人が自分がいない期間のみ他人に住まいを貸すことをリロケーションと言い、近年増えてきています。

とても便利で、日本でもリロケーションを利用する人は年々増えていっています。

一般的なマンションなどを借りるよりも安価な価格で住めることから、一定期間だけ住まいを必要としている人にとっては便利な方法です。

基礎知識として知っておくべきなのは、敷金や礼金が不要という点です。

こういった初期費用は以外と高額となることが多く、住まいを探す上で悩むポイントとなってしまいますが、リロケーションならばそういった費用もかかりません。

しかしリロケーションの場合には、注意しておかなくてはならない点もあります。

それが、貸してくれる人についてです。

自分が借りる家に住んでいた人は、どのような人なのかは気になる点なのではないでしょうか。

後々貸してくれた本人に家を返すことになった際に、何かトラブルが起きないためにも、実際に貸してくれる人のことを少しくらいは知っておくべきです。

リロケーションはあくまでも他人の家を一時的に借りるだけということを忘れてはいけません。