うれし〜の留守宅管理BLOG

賃貸物件での発生する違約金について

2015年12月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今都心で増加しているものとして賃貸物件があります。

東京のような都心には非常に多くの仕事が溢れているため、東京での仕事が非常に多くなります。

そのため、人々は東京に仕事を求め一時的に居住します。

一時的であるため、当然ながら住宅は新居を構えることはしません。

以上のことより、必然的に賃貸物件が増えます。

一見簡単に契約・解約ができるかに思える賃貸物件ですが、そこにはいろいろな決まり事があります。

まずはじめに、管理側が厳しい場合、その賃貸に住むに相応しいかどうかを審査することがあります。

この審査に通らなければ、賃貸を借りることはできません。

また、審査が完了し居住できるようになったとしても、住むに当たっての賃貸上の契約を守らなければなりません。

どのようなものがあるかというと、賃貸物件について居住できる人数は限られています。

ワンルームマンションのようなところでは1人であるし、契約書に具体的なことは記載されています。

また、ペットを買って良いかどうかといったことも契約に含まれます。

これらの管理者が定めた決まりを守らなかった場合、違約金というものを支払わなければならなくなります。

賃貸物件を契約するうえで、多くの人は間取り等に気を取られて契約書の内容など深く見返すことはしないでしょう。

しかし後になって違約金を請求されないように、まずは契約書に記載されている内容をしっかりと確認してほしいと思います。