うれし〜の留守宅管理BLOG

賃貸物件は、家賃だけでなく光熱費の比較も大切

2015年12月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅を借りようとする際には、アパートにしようかマンションにしようか、それとも一軒家を借りようかと悩む方も多いでしょう。

特に家族がいる方ですと、ある程度の広さや部屋数を確保したいでしょうから、より悩む場面が増えてくると思います。

アパートにするか、マンションにするか、一軒家にするかで、月々の家賃も大きく変わるので悩みどころですよね。

家賃に関しては、あらかじめわかりやすく提示されているので比較しやすいですが、それぞれの光熱費については実際に住んでみないとわかりません。

一般的には、アパートやマンションよりも一戸建ての方が光熱費はかさむイメージです。

二階建ての場合や、部屋数が多いほど、電気代などが高くなるケースが多いでしょう。

マンションやアパートは、ワンフロアですから暖房や冷房の効果も他の部屋に伝わりやすいですよね。

そういった意味では、比較的経済的なことが分かります。

マンションとアパートでも、給湯システムがガスか灯油かによっても光熱費は変わってきます。

特に冬場にストーブを使う機会の多い北国の人にとっては、給湯システムは大きなポイントです。

ストーブは毎日使う物ですから、より経済的な方を選びたいですね。