うれし〜の留守宅管理BLOG

物件に対する礼金とその値引き交渉

2015年12月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件に住む時には、たいてい不動産会社に対して初期費用を支払うことになります。それにはたいてい2種類の費用がありますが、その1つが礼金です。

礼金は、家賃数カ月分と設定されている傾向があります。全体的な状況を見ると、1ヶ月から2ヶ月分と設定されていることが多いです。
ところで賃貸の礼金は、軽視できない一面もあります。家賃1ヶ月分の支払いになるので、それが少々大きいと感じる方も見られる訳です。

しかし実は不動産会社との交渉次第では、それに関する割引が生じる場合があります。ですので安く居住したい時には、交渉をしてみるのも一法です。
というのも最近の不動産会社は、賃貸に関する考え方が色々と変わってきています。

昔の名残で一応平均は残していますが、むしろそれをゼロ円にする方が望ましいと考えている事もある訳です。

何故かというと不動産のオーナーとしては、とにかく1人でも多くの入居者を確保したいと考えています。そのためには、礼金を差し引いてもやむを得ないとの考えの方々も、最近は増えている訳です。
ですので不動産会社に対して交渉をしてみると、かなりの確率で成功しているケースが多いです。もしも安く居住したい時には、交渉をしてみるのも一法と言えます。