うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの基礎知識とは。

2016年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションに興味はあるけれども難しそうと感じられている方もいらっしゃることでしょう。実は、リロケーションはそんなに難しい事ではありません。基礎知識としては、リロケーションは一言で表すとすると、住んでいる方がいない間他の方に住む場所として提供する場になります。今までそこに住んでいたけれどもある日突然海外に転勤することになった場合、その家をどうしようか悩まれることかと思います。転勤までの日取りが短いと、退去の手続きなども難しい場合もあります。

そういった方のためにリロケーション制度が存在しています。突然海外に転勤になってその日取りが短いとしてもすぐにでも人に貸すことが可能です。人に貸すということは勿論、タダで貸すという訳ではありません。借主は貸している側の方に住んでいる間は家賃としてお金を支払うことになります。つまり、ご自身が働いて得た収入以外に副収入が発生します。ということは、その分稼ぐことができますし、手取りが増えるので増えた分好きにお金を遣うことができます。

しかし、転勤の場合は赴任が終わるとまた戻ってくる可能性もあることが多いです。そのため、戻ってきた後、住処をどうするかということに関して悩まれるかもしれません。しかし、予め戻ってくるまでの間貸すという特約を付けておけば、戻ってきたらまたご自身が再び住むこともできます。