うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションで貸す場合の、業者比較のポイント

2016年09月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、留守宅を賃貸住宅として第三者へ貸し出すことを意味しています。過去に制定された期限付借家権の兼ね合いで期限を決めて賃貸にすることができるようなりました。賃借人側は契約年数が経過したら更新ができないため新たな引っ越し先を探さなければいけないデメリットがありますが、転勤族等の仮住まいには最適です。リロケーション住宅として、第三者へ貸す場合、家主と賃借人の間で賃貸契約を結ぶことが一般的ですが、きちんとした契約を交わすことが必要になりますし、留守宅の管理等を依頼するために管理会社を通すことをお勧めします。

管理会社に留守宅の管理を任せることで、引越し先の新天地で二重の負担を強いられることも少なくなるというメリットがあります。管理業者を選ぶ際には、なるべく迅速に動いてくれる業者、賃借人探しに注力してくれる業者等をポイントとして重視しましょう。依頼とともにリロケーションの契約がスムーズに移行できれば、新しい生活に向けた準備もいち早く始めることができます。また、収入減につながる賃借人探しに関して様々な媒体を使っている業者であれば、空家期間を短くし家を綺麗に保てる事、一円でも多く収入が見込めます。

業者探しに悩んだ場合は、リロケーション住宅に家賃一括比較見積もりサービスを利用してみましょう。住宅の情報を入力することで、様々な管理会社の存在を知ることができます。先に挙げたポイントを頼りにしながら、複数の業者に相談をしてみることも大切です。