うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションが家賃相場より安い理由。

2016年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本でのリロケーションとは、転勤や海外赴任などで自宅を一時離れなければならなくなった人が、第三者に一定期間自宅を貸すことをいいます。マンションや一戸建てを購入した後に遠方への転勤が決まった場合、そのまま空家としておいておくより、誰かに家を貸して住んでいてもらう方が安心かもしれませんね。その方が家をきれいに保てるでしょうし、家賃収入を住宅ローンの支払いに充てることができます。

リロケーションの家賃の相場は同じ地域の賃貸物件に比べて少し安くなっていることが多いようです。その理由は、リロケーションの場合、家主が転勤や海外赴任を終えて帰ってくるまでの間しか家を借りることができなく、長い間住み続けることができないためです。賃貸物件は更新して住み続けることができますが、リロケーションは最初から期間限定であることが決まっています。そのため、あらかじめその地域に数年しか住む予定のない方や、将来自分の家の購入を考えていてその地域にお試しで住んでみたいという方にはお得かもしれません。

リロケーションで貸し出される家はこだわりを持って建てられた家も多いので、相場より安い家賃で素敵なお家に住むことができることも多いようです。家主によっては、ペットを飼うことを禁止している場合などもありますので、自分に合った家を探してみるといいですね。