うれし〜の留守宅管理BLOG

普通借家契約とリロケーション契約との違い

2016年12月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な賃貸契約の普通借家契約とリロケーションと言われる定期借家契約では契約満了時に違いがあり、普通借家契約は正当な理由がない限り家主であるオーナーから更新の拒絶ができませんが定期借家契約の場合には期間が定めているので契約満了の時に更新をする事なく契約が終了になります。定期借家契約はリロケーションとも言われており専門でリロケーションの業務を取り扱っている不動産会社もあります。家主として家を貸し出したいが、将来的には貸し出した家に住みたいと考えている場合には、専門の不動産会社に相談してみた方がよいです。

詳細情報はこちら