うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションで留守宅を貸す場合の家具の取り扱い

2016年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社からの異動などで転勤や海外への赴任が決まり、自宅を長期間留守にする場合では、リロケーションを行って家賃収入を得るという選択肢もあります。例えば留守宅をそのまま放置した場合では、窓も閉め切った状態が続きますので住宅が傷んでしまいますし、留守宅管理を業者に依頼した場合では費用が発生します。しかしリロケーションで留守宅を貸す場合では、それらの住宅管理を借り主が生活の中で日々行ってくれる上、家賃収入も得られるようになります。

詳細情報はこちら