うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの転貸借契約は定期借家制度が基本

2016年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは住んでいた家が転勤などの理由で一時的に空き家になってしまった場合、そこに他人に貸し出して住んでもらうことをさします。これのメリットは他人に貸し出して住んでもらうことで家の自然劣化を遅らせることができるほか、空き家にしないことで防犯上のリスクを減らせることができます。また家のローンなどの経費の一部を家賃収入で補えるという利点もあります。その他人に貸し出すときには転貸借契約というのを必要とします。

詳細情報はこちら

リロケーションの基本的な考え方

2016年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションと言う言葉は、近年になってよく聞くことができるようになりました。そもそもリロケーションとは、会社員が転勤によって自宅を離れなければならない場合に、自宅のメンテナンスを兼ねて賃貸をすることが基本となります。しかし、転勤の期間が終了して、いざ自宅に戻ろうとしても、賃貸契約により自宅に戻ることができないケースがありました。せっかく自宅があるのに、入居者に退去してもらえないことは、転勤中に自宅を貸す大きなデメリットとなっていました。

詳細情報はこちら