うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの基本的な流れがわかると

2016年08月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤で留守にする家を誰もいない空き家の状態にするよりは、人に貸して住んでもらいたいという人がいてこそ成り立つ賃貸契約です。家というのは誰も人が住まないと、不思議なことにたちまち傷んでしまいます。また、空き家にすることで不用心になるという面もありますので、誰かに住んでもらい、自分がまた家に帰る時には返してもらうという方法を考え付いたわけです。それが、リロケーションの基本的な流れです。

詳細情報はこちら

リロケーションと賃貸借契約書。

2016年08月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、リロケーションが注目されています。基本的に自宅を賃貸として人に貸すことを指していますが、このことにより貸す側も借りる側もメリットがあります。貸す側ですと、当然毎月、家賃という形で収入が入ることになります。例えば転勤など、住宅ローンがまだまだ残っているのに離れなければいけないことも考えられます。それによって手放すことも避けたいところです。悩むところではありますが、このような場合、リロケーションを利用するとよいです。

詳細情報はこちら

持ち家をリロケーションするのは

2016年08月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも、持ち家をリロケーションするために何が必要でしょう。せっかく、建てた自分の家、ローンもまだ残っているのに会社の転勤で住めなくなるということは良くある話です。そもそも、家は早めにプランを建てて、住宅ローンを数十年、払っていく人が増えています。中にはローン返済に三十年くらい、かかる場合だってあります。なんたって、家は一生に一度の高い買い物ですから。とにかく、ローンが残っている場合、売却しても安く買い叩かれてしまいます。

詳細情報はこちら

リロケーションの家賃設定とは

2016年08月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤などで留守になった家を、期限つきの賃貸物件として貸し出すことです。転勤が定期的にある職場は多いものの、留守宅を実際に賃貸で貸し出しているという方は少ないようです。というのも、期限付きで貸し出すことはできても、期限を守ってもらえる保証がないためです。明け渡し時のトラブルを懸念して、留守宅の賃貸物件はそれほど普及していませんでした。最近では、リロケーション物件を専門に扱うところもあり、ポピュラーなものになりつつあります。

詳細情報はこちら