うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションが家賃相場より安い理由。

2016年07月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションという言葉を聞いたことがあるでしょうか。日本でのリロケーションとは、転勤や海外赴任などで自宅を一時離れなければならなくなった人が、第三者に一定期間自宅を貸すことをいいます。マンションや一戸建てを購入した後に遠方への転勤が決まった場合、そのまま空家としておいておくより、誰かに家を貸して住んでいてもらう方が安心かもしれませんね。その方が家をきれいに保てるでしょうし、家賃収入を住宅ローンの支払いに充てることができます。

詳細情報はこちら

リロケーションで家賃収入を得るということ。

2016年07月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションを使ってご自宅を貸す側の立場の方の場合、新たに収入が入ることになります。何故かと言いますと、他人に対して一時的に居場所を提供することになるからです。それは、タダで貸すという訳には行きません。他人がご自身の家に住んでいる期間は、報酬として設定した家賃のお金をもらうことができます。つまり、家賃収入が手に入るという訳です。会社員として働いている方であれば、サブの収入のお金が手に入るということになりますし、働いていない方であれば、定期的な収入が手に入るということになります。

詳細情報はこちら

実施者に評判の良いリロケーション

2016年07月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、会社員などが一定期間の出張や、期限付きの転勤などがあって、また自宅に戻ってくるけれどしばらくは空き家になってしまう家をその期間に合わせて賃貸住宅として貸し出すシステムです。これまでは、一定期間家を離れるとしても、賃貸に出してしまうと借主が出ていかなければ家主は戻ることができず、その折り合いが難しかったので、その家は数年間空き家のままとなってしまっていましたが、あらかじめ賃貸に出せる期間を決めておくリロケーションでは、借りる側もそれを承諾してのことですし、双方にメリットがあります。

詳細情報はこちら

リロケーションで初期費用を抑えて良い部屋を借りる

2016年07月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤や長期出張などで留守になってしまう部屋を一定期間別の人に賃貸として貸し出すことです。貸し出される部屋は分譲マンションや分譲もしくは注文住宅になりますので、賃貸用に作られたものよりも設備面で整っていることが多いです。また、多くの場合基本的な家具や照明器具など、生活に必要なものは家主のものを使うことができ、自分で買い揃える必要がないため、賃貸を借りるよりも初期費用を安く抑えることができます。

詳細情報はこちら