うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションは持ち家のある方におすすめです。

2016年06月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家を建てた方の場合、その家は賃貸で借りているのではなく持ち家で所有者はご自身にあるということになります。しかし、家を建てた後に転勤が突如として決まってしまうこともあります。そうなると、賃貸であるならばすぐさま今の住居を退去して転勤先の近くで家探しをしたり、手続きをすれば良いです。しかし、持ち家の場合、賃貸と違って簡単に手放すことはできません。もし、退去してしまうとなるとそれは持ち家の所有の権利も手放してしまうということになります。

詳細情報はこちら

リロケーションにおける注意点

2016年06月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の賃貸住宅の契約に関する法律が改訂され、リロケーションというかたちの賃貸契約が可能となりました。リロケーションとは、一時的な転勤などで留守となった家を期間限定を条件に賃貸することです。こういった物件の場合、普通の賃貸物件に比べて家賃の相場が安い場合がおおいです。また一般的に賃貸物件は2年ごとに更新料が発生しますが、これらの物件においては契約期間中における更新料が発生しないというメリットがあります。

詳細情報はこちら

リロケーションは定期借家契約なので安心

2016年06月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションをする時には貸主と借り主の間で定期借家契約をします。定期借家契約とは一定期間だけ家を貸すという契約のことで、契約期間が終わったら借り主はその家を出て行きます。こういった期限を切って家を貸すことで、再びその家が必要になった時にトラブルなく賃貸契約を解消できます。定期借家契約は期限を切らない契約に比べて家賃が安いため、借りる人にとっても相場よりも安い家賃で広い家に住めたり人気の場所に住めるなどのメリットがあります。

詳細情報はこちら

海外出張だからリロケーションを利用する

2016年06月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外出張の場合、何ヶ月も家を開ける場合があります。さすがに一年以内に帰れるのなら家を空き家のままにしておいても問題はないでしょう。しかし、その出張が数年にわたったらどうしますか。さすがに空き家にしておくには抵抗があるのではないでしょうか。ともかく、この場合、家を処分するよりリロケーションをしたほうが良さそうです。何故なら、家を処分してしまったら海外出張から帰国した時に住む家がなくなってしまいますから。

詳細情報はこちら