うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーション物件における現状復帰

2016年05月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤などで一時的に留守となった家をリロケーション物件として貸し出した場合、いざ契約終了の日を迎えたらしっかりと考えなければならないことがあります。それは、貸し出した物件の現状復帰にまつわることです。現状復帰のためには、まず入居者が立ち退く日には必ず立ちあいます。これは、物件が入居者の故意もしくは過失によって物件を汚したり損傷させていないかをチェックするためです。経年劣化などによる損耗であれば、貸し主の費用負担となります。

詳細情報はこちら

リロケーションのメリットと注意点

2016年05月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤や、その他の事情などで所有している家が一定期間空き家になる場合に、その家を他人に貸して家賃をとるという形式の賃貸方法のことを言います。昔は、一定期間が過ぎた後に、借主が退居を拒むケースも少なくありませんでした。そのため、空き家を貸すことに躊躇する人も多くいました。しかし、現在では法律が改正され、契約時に期間を限定することが可能となったため、リロケーション物件は増える傾向にあります。

詳細情報はこちら

リロケーションの利用方法とは。

2016年05月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションという言葉を耳にされたことのない方も多いかと思います。これは、期間限定で家を借りるという物です。利用方法としては転勤で他の県や市に赴任している方の家を借りることになります。他の県や市に会社から命令が出て転勤になった方の家は、転勤中の間、どうなるでしょうか。ご家族の方と住まれていたり、単身赴任を選べばそのご家族の方が生活することになるので、家の中は誰もいないということはありません。しかし、一人暮らしの方の場合、転勤の間は家には人がいなくなるということになります。

詳細情報はこちら

リロケーションなら手に入れた分譲マンションも

2016年05月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、会社では能力至上主義へと社員の評価が変わりつつあります。そのため、転勤命令が下った際に、そもそも転勤がないという約束で入社したとか、転勤はないからと言われて入ったなどと言おうものなら、たちまち窓際へ追いやられ、やめていかざるを得なくなるでしょう。会社というのはそういうものとあきらめ、それを受け入れて仕事をしていくしかありません。けれど、住宅ローンを組んで分譲マンションを購入してしまった後だとしたら、ちょっと困ります。

詳細情報はこちら