うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションは税金が掛かります

2016年04月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、自分の家を貸し出しますので、当然家賃としての金額を頂くわけですので、個人の収入として、税金は掛かります。ただし、ローンなどが残っている場合は、計算の仕方が違いますので、税金をあまり払わなくても良い場合があります。ご自分の収入プラスリロケーションの収入で計算されます。ご自分の企業などで、借り上げ社宅などの項目で使用して貰っている場合は、各企業によってどのような取り扱いをしているかによっても違ってきます。

詳細情報はこちら

リロケーションの借り方とは

2016年04月23日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ではリロケーションの仕組みを利用して家を貸し出している人が増えています。またこうしたリロケーション物件を借りたいという人もたくさんいるということから、様々な不動産屋さんで借りるということが出来ますし、専門的に扱っている不動屋さんに行けば多くの物件を見ることが出来ます。実際に借りたいということであれば、やはり多くの物件を扱っているリロケーション専門の不動産屋さんに行くという方法が最適になっています。

詳細情報はこちら

リロケーションで書類を届出する際の注意

2016年04月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

転勤するのはいいけれど、家はどうしようと悩んでいるのではないでしょうか。さすがに転勤先に家を持っていくことはできません。でも、誰も住まなくなった家は傷んでいくモノです。だからこそ、リロケーションを利用するわけです。自分の代わりに誰かに住んでもらうわけです。ただ、住んでもらうわけではありません。賃貸ですからきちんと家賃はもらいます。とはいうものの、ここで賃貸経営となると役所に書類を届出する必要があります。

詳細情報はこちら

リロケーションにより修繕費用が抑えられます。

2016年04月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平成12年3月1日から「定期借家権制度」が導入され、リロケーションの利用が普及されてきました。それまでの借地・借家法では借主側に有利な条件のため自宅を賃貸にすることが躊躇われていましたが、安心して自宅を賃貸することができるようになりました。貸主側のメリットとしては、転勤や住替えなどで自宅を離れないといけなくなった時に、賃貸に出しても、貸出期間終了後に借主との問でトラブルなく自宅に戻ることができます。

詳細情報はこちら