うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションの入居者

2016年03月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「持家は実現したけど、転勤の辞令があったので、不動産屋さんに相談して家を賃貸に出すことにしました」そういう話はよく聞きます。リロケーションとはそういうことです。以前はいったん貸すと返してもらうためには適当な理由(正当事由)が必要でした。しかし、借地借家法が改正されまして、定期借家権という権利が認められるようになりましたので、一定期間の賃貸借契約期間が終了すれば必ず返してもらえることが可能になりました。

詳細情報はこちら

リロケーション物件を借りる際の選び方

2016年03月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤や海外赴任によって家の持ち主が一定期間自宅を離れる場合に、その自宅を第三者に賃貸物件として貸し出すことです。通常の賃貸物件と違うところは、賃貸の期間が転勤や海外赴任の間だけと決められており、多くの場合更新をしないようです。そのため家賃は相場より安くなっていることが多いです。一戸建てや分譲マンションなどに安く済むことができればお得ですよね。リロケーション物件の選び方では気をつけたいことがいくつかあります。

詳細情報はこちら

一軒家をリロケーションする場合に

2016年03月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

せっかく新築の住宅を購入したのに、転勤の憂き目にあってしまったと言う人もいるでしょう。せっかくの住宅に住めないところか、空き家状態にしてしまうと傷みが加速してしまうと言う悩みを持たされます。そこで考えるのが、リロケーションと言われる、留守宅を賃貸物件にする方法です。ここで難しいのが、一度住宅を貸し出してしまうと、居直られてしまう心配も出て来ます。明け渡しをしてくれない場合など、今度は自分の行き先がなくなり、賃貸物件に住むことになってしまうと言った、馬鹿げたことも起きてしまいます。

詳細情報はこちら

リロケーションは短期でも行える

2016年03月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションは短期の契約も可能となっています。貸し出す人がそういう設定をすることがあります。海外出張などで、数年間の間に帰ってくるという設定もあるので、こういう貸方もでてきます。それにそこを借りる人も期間限定で借りるという契約をする人もいます。お互いの利害が一致したらならこの短い期間でも契約というのは成立していきます。基本は長い期間の貸出にはなってきます。この長い期間の間に、一人の人への貸出だけではなくなってきます。

詳細情報はこちら

広がるリロケーションサービス

2016年03月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションサービスとは、転勤などで一時的または長期にわたって物件を空ける際に、賃貸物件として管理するサービスです。これにより、オーナーは物件を空けている間に物件を賃貸収入を得る事ができます。リロケーションサービスの管理会社は契約の締結から物件の管理運営までを、オーナーの代理として引き受けます。かつては法人契約による同様のサービスはありましたが、一時的な賃貸という形がなかなか浸透しませんでした。

詳細情報はこちら