うれし〜の留守宅管理BLOG

リロケーションでの転貸借契約のメリットとは。

2016年02月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年、リロケーションという言葉を耳にすることが多くなっています。一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。リロケーションとは、転勤などで生じた留守宅を一定期間期限付きで貸し出すという転貸借契約のことを指します。転勤などでマイホームを留守にしなければいけないけれど、その間の管理はどうしたらいいのだろうと悩む人は、ぜひリロケーションをしましょう。空家のままにしていてはマイホームが無駄になってしまうため、もったいないと言われるほどです。

詳細情報はこちら

リロケーションでのハウスクリーニング

2016年02月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションで行うハウスクリーニングは、最初の契約の時に必須になってきます。今の現状の部屋をきれいにするには、プロの人にお願いして、すみずみまできれいにする必要がでてきます。自分ですべて行うのではなくて、企業に仲介に入ってもらって、このシステムをすることが多いです。その企業の査定というのもあるのですが、クロスの張り替えなども必要と言われると行うこともあります。きれいな状態でも、張り替えになることもあります。

詳細情報はこちら

リロケーションの解約は各々の会社の方法次第で

2016年02月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近人気のリロケーションという住まいの活用方法ですが、個人が自分の力だけで行えるものではありません。そのため、専門に手掛ける会社を通して行うことになりますので、託した会社のやり方によって、期限が来た時や、期限の途中であっても解約が行われる場合の方法などは決まっていますし、変わっても来ます。貸したいと思う場合、借主がどのような手続きを必要とするのか、一通り知っておくのがベターです。そうすれば、貸主も状況把握ができます。

詳細情報はこちら

転貸借方式でリロケーション契約を結ぶメリット

2016年02月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外への転勤などが増加するにしたがって、空いたマイホームをリロケーションで貸し出す人も増えてきました。2000年に定期借家権制度が施行され、元の家に戻ってきたとき安心して明け渡してもらえるようになったことも、普及に一役買っています。それでも手続きの面倒さやメンテナンスの不安、トラブルの可能性などから、見知らぬ他人に家を貸すことには二の足を踏む方もいます。転貸借方式で契約を結べば、そのような心配を解消することができます。

詳細情報はこちら

リロケーションの根本的仕組みの定期建物賃貸借契約

2016年02月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外転勤などを会社側から申し渡され、数年間自宅を離れることが決まった場合では、リロケーションを検討することも有効です。留守の場合でも固定資産税は毎年課税されますし、住宅ローンがある場合ではそれを支払う必要もあります。しかしながらリロケーションによって自宅を賃貸物件とすることで、毎月家賃が得られる収入源にすることができます。また、その場合では管理会社などと契約することも一般的な方法です。管理の委託契約を交わすことで、入居希望者の募集から物件管理までをトータルで一任することもできるようになります。

詳細情報はこちら