うれし〜の留守宅管理BLOG

部屋探しから賃貸契約までの手順です

2016年01月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初めての一人暮らしを始める場合は、先ずは賃貸を借りる必要があります。その手順としては、先ずは物件探しです。物件を探す方法はいろいろありますが、インターネットを利用すれば、たくさんの物件が検索出来るサイトがいくつもありますので、それらを使えば簡単に見つけることが出来ます。気にいった物件を見つけることができれば、次にするべきことは不動産業者への連絡です。物件が掲載されているところに取り扱い不動産業者も掲載されていますので、そこに連絡を入れます。

詳細情報はこちら

資産価値のある持ち家を有効に使うことです

2016年01月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これからの新しい時代は、自分の持ち家がある高齢者などは、資産価値のある自宅をリロケーションをして賃貸収入を得るという方法もあります。そうなってくると年金にプラスして、収入を得ることができるので、多くのメリットが生まれてきます。この家賃収入というのは、ばかにできないので、もしローン未完済ならその穴埋めにすることもできるのが魅力になります。そして、仮に完済しているなら不労所得となるために、今の自宅の状況次第によって変わってきます。

詳細情報はこちら

比較のポイントはたくさんあります

2016年01月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーション会社は比較できるほどたくさんあります。きちんと情報を見比べてからどこの会社にするのかを決めましょう。信頼できるかどうかが大切なポイントになります。まずは入居者が素早く決まる会社がいいでしょう。入居者がなかなか決まらなければこちらの負担がどんどん重くなっていきます。入居者は早く決まるに越したことはありません。提携している不動産会社が多いところのほうが入居者も早く決まりやすくていいでしょう。

詳細情報はこちら

リロケーションを行う時の家財道具

2016年01月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外や国内を問わず、長い年月の転勤などで自宅を留守にする場合では、リロケーションを行って自宅を貸すという方法があります。単に自宅を空けておくだけでは、毎年の固定資産税を支払うだけになりますが、賃貸として貸すことによって家賃収入が獲得できますから、魅力的な活用方法になります。その際は家財道具などの荷物をどうするかでありますが、原則的には全て搬出して、自宅の中を空にしておくことが理想的です。家具付き賃貸として、家財道具を残したまま貸し出すことも不可能ではありませんが、入居希望者側でも、家具を持参することが前提である場合が多々あります。

詳細情報はこちら

リロケーションと賃貸経営の違いとは

2016年01月16日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、例えば転勤のためにマイホームを一時的に離れる必要がある際に、転勤でマイホームを空けておく期間のみを賃貸する方法です。一方で賃貸経営とは、賃貸住宅を購入して月々の家賃収入で収益をあげることです。リロケーションは一時的にマイホームを空けなければならない際に、マイホームを有効利用する手段ですが、賃貸経営は住宅を貸し出すことで家賃収入を得ることを最初から目的としている点で異なります。またリロケーションの場合は、貸し出す期限を定めて定期賃貸借契約を結びます。

詳細情報はこちら

賃貸マンションは分譲に比べると耐用年数は短い

2016年01月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分譲マンションは購入してからその家族が一生を過ごすために利用します。30歳のときに購入して平均寿命の80歳まで生きたとしたら50年間は最低使いたいところでしょう。鉄筋コンクリートの場合は耐用年数が40年以上あるとされています。その後に修繕をしたりしますからそれ以上に伸びることもあります。管理組合などによって修繕をするかなどが決められるでしょう。賃貸の場合は耐久年数はどうなっているかです。基本的に分譲タイプに比べるとあまり大きなタイプではないでしょう。

詳細情報はこちら

リロケーションの賃料の決め方について

2016年01月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションには、様々なメリットがありますが、その中でも一番にあげられるのは賃料がもらえるという点ではないでしょうか。出張などで一定期間家を空けておくよりも、誰かに貸し出すことによって賃料が貰えるというのはかなりのメリットです。しかしリロケーションで悩むのが賃料の決め方ではないでしょうか。しかしそれは自分だけの意思で決められることではなく、契約しているリロケーション業者の相場や、住んでいる地域の賃貸の相場などによってもかわってきます。

詳細情報はこちら

リロケーションによる賃貸運営管理

2016年01月13日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションによる賃貸運営管理を行う事で、家を空ける人にとってはやはり空室のままで家が傷むよりも人に住んでもらう事で家の価値も続けていける事と、賃貸運営管理を行える状況としても、家賃収入を得る事が出来ます。リロケーションで管理業者に委託する事とすれば、空いている家の状況もしっかりと確認していくなど、安心して家の管理を任せる事が出来る状況となります。賃貸運営管理を行うリロケーション業者としても、多くの方々が活用している状況などからも、家の有効利用を行いながら経営を行う事となります。

詳細情報はこちら

バルコニーはベランダとはまた違います。

2016年01月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件の情報サイトなどを見ていると、たまにバルコニー付きの賃貸といったことが書かれていることを目にされた経験のある方もいらっしゃることでしょう。バルコニーは、ベランダとはまた違ってきます。ベランダは屋根が付いていて、建物からはみ出しているスペースのことを指します。それに対してバルコニーは屋根は付いていなくても手すりがデフォルトで備わっており、2階以上の建物に付いている外のスペースのことになります。

詳細情報はこちら

リロケーションで定期借家制度が得策になる理由

2016年01月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸契約の方法として存在する定期借家制度は、リロケーションを行う場合では最も優れた賃貸契約になります。リロケーションは海外への長期赴任など、自宅を長期に渡り留守にする間、賃貸物件として留守宅を提供する賃貸のことです。多くの場合では、それらの長期赴任の任期を完了して戻って来た際は、また元の自宅に住むことが一般的です。従いましてそのタイミングに合わせて、入居者には確実に退居してもらうことが必須になります。

詳細情報はこちら

住宅の占有面積と家賃との相関関係

2016年01月10日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸住宅の専有面積は、物件を借りようと思っている方にとっては重要なポイントです。なぜなら多くの方々は、できるだけ面積が大きな物件に住みたいと考えているからです。面積が広い物件ならば、それだけ広々とした空間を満喫できる傾向があります。ですので占有面積の広さを基準に、住宅を選んでいる方もとても多いです。ところで面積は、賃貸住宅の家賃とも大きな関係があります。なぜなら家賃は、広い物件ほど高めになってくるからです。

詳細情報はこちら

リロケーション期間は契約時に決めます

2016年01月09日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の賃貸住宅、リロケーション方式で行なわれることが多くなっています。そこには貸し出す方の住宅が、普通に建てられたものであり、リロケーションが終わった時点で、本人が住むと言うことになる方式です。転勤することが多くなり、それも長期に渡っての事が多く、その間空き家にする訳にはいかず、家を貸し出す人が多くなっていることから起きているのでしょう。このリロケーションの契約方法は、普通の賃貸と違い、2年ごとの更新はしません。

詳細情報はこちら

リロケーションの管理委託料の情報収集はネットで

2016年01月08日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

所有する不動産を転勤の期間中だけ貸し出すリロケーションは、家賃が得られるという大きな魅力があります。しかし賃貸契約やその後の対応など、面倒な場合も多々あります。その場合では管理会社に管理委託料を払って、それらを代行してもらうことが最適です。管理委託料は各管理会社で違いますが、今ではネットを使うことで、複数の管理会社に一括でその料金の見積りを依頼したり、資料請求ができるようになっています。そのような管理サービス会社の比較サイトを使いますと、管理委託料をはじめ、賃貸として提供する不動産の家賃の査定なども行える場合があります。

詳細情報はこちら

リロケーションの管理費の徴収に関して

2016年01月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーション業者としても、物件を預かる上で管理費として費用をもらう事となり、物件のオーナーがリロケーションを行って借り手を見つける事としても、そこで毎月の家賃などを回収したりする事となります。そこをしっかりと考えて対応すれば、まずは管理費を考えて行く状況から毎月の家賃収入など色々と考えて対応する事となります。管理費用を考えた対応を取る事も重要となります。リロケーションの管理費用を考えて、そこで対応する事とすると家賃の回収などかかるコストを考えて色々と管理費用の支払を行う事となります。

詳細情報はこちら

税金のこともちゃんとしなければいけません

2016年01月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションを利用して自分の家を賃貸に貸し出すと家賃収入が入ってきます。この家賃収入にも税金がかかることを忘れてはいけません。賃料収入は不動産所得として確定申告をしなければいけない決まりになっています。不動産所得とは、毎年1月1日から12月31日までの総収入から必要経費を差し引いた金額のことを言います。総収入の中には家賃や礼金や駐車場料金などが含まれています。必要経費は固定資産税や損害保険料、建物の減価償却費やハウスクリーニングなどの修繕費、そしてマンションの管理費やリ管理会社への管理料などが当てはまります。

詳細情報はこちら

入居審査で重要視される保証人の状況

2016年01月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人々が何かを借りるとなると、審査が行われるケースが大変多いです。金融会社からお金を借りる時にも、必ずと言って良いほどそれが行われる事になります。そして金融会社から特に問題無いと判断された時には、借りられる事になります。そして賃貸物件でも、同じ手続きが行われる事になります。物件に住みたいと言う旨を申し出て契約手続きにすすむ前に、まずは所定の会社による審査が行われる訳です。いわゆる入居審査が実施される事になります。

詳細情報はこちら

賃貸を申し込む申込金に関して考える

2016年01月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸契約を結ぶ為に申込みを行う際にかかる申込金では、手付けとしてかかる手数料など家賃の一か月分を礼金などで納めたりする必要があります。これも色々と賃貸を利用する中でやはり必要となるお金であり、申込金を支払う状況となればそれだけ負担となる金額の部分も色々と考慮して行く必要があります。そこを考えて対応して行く事となれば、やはり契約に基づいてしっかりと費用を支払う事となります。賃貸契約を交わす部分で、色々と申込金など初期費用がかかる事となり、敷金や礼金と言った事や仲介手数料など不動産業者に支払ったりする事も考えられます。

詳細情報はこちら

リロケーション物件を借りる際の賃貸借契約について

2016年01月03日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは、転勤等で留守になったマイホームを賃貸に出す場合の物件です。通常の賃貸物件とは異なり、マイホームとして使用していた物件ですので、住宅の質が良いことが特長です。しかしリロケーション物件は将来的にオーナーが帰ってくることを前提に賃貸に出すので、期間を決めて賃貸借契約をすることになります。期間を決めて賃貸借契約をすることは、定期賃貸借契約と言われています。通常の賃貸物件の賃貸借契約は、借主が住み続けたいならば好きなだけ住むことができますが、定期賃貸借契約の場合はそうはいきません。

詳細情報はこちら

賃貸では共有物件と独占物件で行動が異なる

2016年01月02日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賃貸物件を探そうとするときにはインターネットから検索、不動産会社に行って話を聞くなどの方法があります。それによっていい物件が見つかることもあるでしょう。不動産会社の場合はプロですからこちらがすべてを伝えなくてもこのような物件が良いだろうと独自の目線で見つけてくれることもあります。ぴったり当てはまる物件を見つけてくれることもあります。選び方のポイントとしてその物件が共有物件が独占物件かではその後の行動が異なります。

詳細情報はこちら

賃貸マンションのメリットもあります

2016年01月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを購入する時には、様々な契約上の手続きが必要になりますが、もちろん将来的にどのような支払いがあるのかを把握しておくべきです。マンションなどの購入には、マンション価格の他にもお金がかかってきます。その中にあるのは修繕積立金が必要になります。これはマンションというのも、年月がたつことによって老朽化をしてきますので、こういった古くなってくる建物というのは、時に修繕が必要になります。こういったマンションの老朽化を防ぐために行う料金を修繕積立金といい、必ずマンションを購入した入居者は、支払っていかなくてはいけないことになります。

詳細情報はこちら