うれし〜の留守宅管理BLOG

普通借家契約とリロケーション契約との違い

2016年12月05日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的な賃貸契約の普通借家契約とリロケーションと言われる定期借家契約では契約満了時に違いがあり、普通借家契約は正当な理由がない限り家主であるオーナーから更新の拒絶ができませんが定期借家契約の場合には期間が定めているので契約満了の時に更新をする事なく契約が終了になります。定期借家契約はリロケーションとも言われており専門でリロケーションの業務を取り扱っている不動産会社もあります。家主として家を貸し出したいが、将来的には貸し出した家に住みたいと考えている場合には、専門の不動産会社に相談してみた方がよいです。

詳細情報はこちら

リロケーションで留守宅を貸す場合の家具の取り扱い

2016年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社からの異動などで転勤や海外への赴任が決まり、自宅を長期間留守にする場合では、リロケーションを行って家賃収入を得るという選択肢もあります。例えば留守宅をそのまま放置した場合では、窓も閉め切った状態が続きますので住宅が傷んでしまいますし、留守宅管理を業者に依頼した場合では費用が発生します。しかしリロケーションで留守宅を貸す場合では、それらの住宅管理を借り主が生活の中で日々行ってくれる上、家賃収入も得られるようになります。

詳細情報はこちら

リロケーションの転貸借契約は定期借家制度が基本

2016年10月30日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションとは住んでいた家が転勤などの理由で一時的に空き家になってしまった場合、そこに他人に貸し出して住んでもらうことをさします。これのメリットは他人に貸し出して住んでもらうことで家の自然劣化を遅らせることができるほか、空き家にしないことで防犯上のリスクを減らせることができます。また家のローンなどの経費の一部を家賃収入で補えるという利点もあります。その他人に貸し出すときには転貸借契約というのを必要とします。

詳細情報はこちら

リロケーションの基本的な考え方

2016年10月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションと言う言葉は、近年になってよく聞くことができるようになりました。そもそもリロケーションとは、会社員が転勤によって自宅を離れなければならない場合に、自宅のメンテナンスを兼ねて賃貸をすることが基本となります。しかし、転勤の期間が終了して、いざ自宅に戻ろうとしても、賃貸契約により自宅に戻ることができないケースがありました。せっかく自宅があるのに、入居者に退去してもらえないことは、転勤中に自宅を貸す大きなデメリットとなっていました。

詳細情報はこちら

リロケーションの基礎知識とは。

2016年09月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リロケーションに興味はあるけれども難しそうと感じられている方もいらっしゃることでしょう。実は、リロケーションはそんなに難しい事ではありません。基礎知識としては、リロケーションは一言で表すとすると、住んでいる方がいない間他の方に住む場所として提供する場になります。今までそこに住んでいたけれどもある日突然海外に転勤することになった場合、その家をどうしようか悩まれることかと思います。転勤までの日取りが短いと、退去の手続きなども難しい場合もあります。

詳細情報はこちら